COVID19という窓から見える風景

  • by

COVID19については色々な人が色々なことを書いている。個人的には医学的な見解は以前やった論文2つの荒い読みほぼ一緒であるし、これが妥当な意見だと思う。

一つupdateがあるとすると、Facebookが新しく行った抗体の検査についての論文が面白いかなと思ったぐらい。実際の感染者が50−85倍と言われても特に驚かない。というか、だよねという感想。直感通りの結果だった。

治療薬については、まだよくわからんねという印象。有意な結果出たのなら、論文になるはずだしすべき。シンポジウムで話されただけでは根拠になり得ない(実際過去にシンポジウムで大々的に話して後に論文化されていない研究もある。このような研究は基本的に黙殺される)。現場はその限りではないとしても、判断は論文が出た段階で行われれば良いと思う。

少し余談になるけれど、やはり科学的な判断が行えわれるときのベースは論文というか文章でないとダメだと改めて感じた。SNSを初めとした媒体は判断を行う場ではないと今回の件で強く思った。伝わっているのは感情だけだ。

さて前置きが長くなってしまった。最近COVID19については、このイベントの後に社会がどのように変わるのかという議論が徐々にされるようになっていると思う。

ここで、とても興味深いのが殆どの人間が予測を語っているようで、自分の願望を語っているという点である。

なぜならば、今回のイベントで社会がどのように変化するのか?変わらないのか?の唯一誠実な答えは「わからない」であるからだ。

今回のイベントについては不確定なことが多すぎる。社会も、科学も、経済的も前回や前々回のパンデミックのときとあまりにも大きく変わってしまった。歴史から学べることはとても多いけれど、それでも予測できることは限られると思う。

だから、これから先の社会のこと、社会をどうすべきかについて誰かが語っているときにそこにその人の希望や願望が混じっていることを常に留意しておかないといけない。改めてそう思った。そして、発言している人間本人は、自分は完全にニュートラルだと思っているこのが興味深い。

一例を挙げよう。発言者は所謂インフルエンサーでとある番組で、イリーガルな夜のお店でCOVID19のクラスターが発生していると述べた。話を聞くにそれは事実なのだろう。そして、発言者はそもそも違法なお店なのだから法の力で営業を止めるべきであること、真面目に営業している「普通の」飲食店は割りくっているので、対策をきちんと行った上での影響を認めるべきであると話していた。筋が通っているようで、どこかおかしくないだろうか?ちなみに発言者は「普通の」飲食店の経営を行なっている。

繰り返し強調したいのは別に発言者が特別ではないということだ。本質的に不確定な状況である以上(つまり正解なんてないのだから)COVID19について述べられている発言は構造的にその人間の願望を含んでしまう。1+1=2だし、E=MC**2は確定だけれど、公理から組み立てられたものではないものに答えはない。モデルをつかって、それっぽいことを言う人はたくさんいるが、(私もモデルを使った研究をやっている身なので言えるのだけれど)、あんなもの解釈次第パラメータ次第でいくらでも変わる。注1)

そう気づくと、SNSやニュース(私はあえてどちらもほぼ見ないようにしている)でのやり取りを見ていて意見が噛み合わないのにも納得がいく。

発言している人たちみな、自分の願望を喋っているのだから。議論ができるはずがない。なので、COVID19に関する議論の99.9%にはなんの意味もない。なので、どちらが正しいとか間違っているとか判断する必要すらない無意味なもののように思える。

だが、僕はときに目にするCOVID19に関するpostがとても面白いと思っている。なぜなら 殆どの人間が無意識に本当に自分が何を大事に思っているのか、何を願っているのかをpostしているからだ。

そこで、気づくのは本当に人によって大事なもの、願っていること、拠り所にしていることが違うといことだ。これは深い学びだった。人間は私の想像以上に多様だった。ある人はどんなことよりも自由を大事に思っているし、ある人は自分の命だったりする。別のある人は家族のこと心配しているし、また別の誰かはお金の計算に余念がない。

COVID19は人間の中身を覗かせる窓だ。その窓から垣間見える風景がそれぞれあまりに違っていて、めまいが起きそうな気がしている。

注1)だからと言ってデータに従うべきではない、モデルなんか意味ないという話ではない。むしろ逆で、ある限りのデータを使って、”一番それっぽい”モデルを作りそれに導き出された解に従い、極力被害を減らす努力を行うことは当然大事。それが人の大事な能力だと思う。ただ、モデルは事実ではないし、それっぽさの評価に作成者の主観が入るのはある程度避けられないという意味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です