シン・エヴァンゲリオンを見てきた。

  • by

もう1ヶ月以上前になるのですが、時間ができたのでシン・エヴァンゲリオンを見てきました。一人で見に行くつもりだったのですが、奥様(非日本語ネイティブ、ドラマは見るがアニメは見ない)にその話をするとなぜか食いついてきたので新劇場版3部作を見てもらうことに(流石にTV版と旧劇場版は時間的に無理と判断)。面白かったという意外な返答をもらったので(しかも解説なしでほぼ完璧に内容を理解していた。Qに怒っていたのが、面白かったw)、二人で見に行ってきました。以下、なるべくネタバレしないように書きますが、できれば興味がある人は見てから読むことを推奨致します。

感想は一言で言うと「マジでちゃんと終わった」です。俺は考察とかもネットで漁る勢だったので、Q終了後に考察をかなり読み込んだ記憶があります。漫画版も読みました。その結果、「大筋この方向で終わるしかないのでは?」というその流れ通りに終わったなという感じです。割となんでもありの次元を内包したことで、新劇場版、TV版、旧劇場版、漫画版を全てを押し込んで終わらせることができたと思います。ガンダムで言うと∀みたいな感じでしょうか。

そういう意味では実はあまり意外性はありませんでした。個人的にはQのガツンと揺さぶられ感じが好きだったので、その点では少し残念だったかもしれません。

印象的だったのは、3点。

一つ目はシンジ君の立ち直りを丁寧に描いていること。これまでの立ち直りはゼルエル戦に代表されるような「君が立ち直らないと世界終わるからねwww、別にイジけていても良いけど、その間にみんな死ぬからwもちろん君もw」みたいな、非常事態における半強制的な立ち直りだった。これは、エヴァに限った話ではなくて、大体の創作がそのパターンなのです。その方が視聴者にわかりやすいし、見せ場も作りやすいのだと思います。

けれど、今回はあえて時間をかけてシンジ君が自分の意思でゆっくり歩き出すのをま丁寧に描かれていた(まどろっこしい位だった)。なので、咆哮も激情もそこにはなく、あるのは目的に向かう静かで確かな意思だけでした。とても良かったと思います。

2つ目がエヴァンゲリオンが(シンジくんの成長の物語だけでなく)、ゲンドウの物語であるとかなりはっきり描いていたといことです。全部見終わって、主題歌のbeautiful worldもOne last kissも思いっきりゲンドウ心情を歌った歌だと気付きました(なんとおっさんの心情を歌った歌だったw)。特にOne last kissなんか宇多田ヒカルのMVも含めてモロなので気になる人は下のリンク先の動画を見てみてください。

手を組んで、ビームが出そうな変なグラサンをかけて、亡妻の思い出に浸りながらこのMVを見てください。俺の言っていることの意味がわかるはずw

3つ目はメタっぽいのだけれど、作者である庵野監督自身の変化がストレートに感じられたこと。というか、今回の作品は還暦を迎えて大人になることを(多分やっと)受け入れた庵野監督だからこそ作れた作品なのだと思いました。エヴァンゲリオンTV版を作った時の庵野監督は35歳。今考えると、庵野監督はあの時点ではTV版のあの終わり方しかできなかったのではないかと思います。Air/まごころを、君にも当時はマジで意味不だったけれど、あの時点では庵野監督はあの終わり方しかできなかったのでしょう。あの時点では世界を終わらせるしかなかったし、最後に一緒に過ごすのは意識のないアスカしかいなかったのかと。

そこから25年の歳月が経過して、結婚をして、色々なものを許せるようになったことで(鈍くなった、老いたとも言えるかもしれない)、全てを包括できるような今回のようなエンディングを描けたのだと思います。だから、最後は母親の象徴であるレイでも、思春期に出会う女性(というかもうちょい踏み込むと思春期の男子の考える性的なものの象徴とも言えると思う)のアスカでもなくて、大人になってから出会う成熟した女性であるマリと結ばれるのだと思いました。

(余談ですが、マリは庵野監督の奥さんの安野モヨコがモデルだと思っております。これは、安野モヨコ作品を読みまくっている俺が考える作者はこんな人だろうな‥という想像とマリがぴったり一致するからです。後ハッピーマニア最高に面白いですw)。

老いることこそが綺麗な物語の収束に必要だったとも言えるわけで、とても感慨深いものがあります。人生も同じなのかもしれないなとぼんやりと考えました。

ここまで書いて、自分自身の変化そのものも「エヴァンゲリオン」の鑑賞体験に変化をもたらしているなと思いました。TV版のときはシンジ君よりも年下だったのに、大学を卒業し、結婚をして妻と一緒に最終話を見ることになるとは25年前の自分はおろか、10年前の自分でも想像できていなかったと思います。そして、今回のような感想も出てこなかっただろうなと思います。

25年間という長期間にわたって未完だったことで、作者、鑑賞者の両方が変化し、結果として特別な体験となった。それが僕にとってのエヴァンゲリオンです。この先このような体験をすることは多分ないだろうなと少し寂しい気持ちになるのですが、この辺で締めたいと思います。

さようなら、全てのエヴァンゲリオン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です