WELQ問題について思うこと 〜こうして宇宙にゴミが溢れていく〜

  • by

なんというか自分自身の体感が間違っていなかったなと感じた。

それは明らかにネット上がどんどん不便になっているなということだ。

僕は30代なのでネット黎明期の時は中学~高校生だった。その後大学生時代は結構ネットにドップリだったと思う。年代としては2000年代前半から中盤あたりまでだ。

この頃はまだ、面白い意見が色々拾えたし2chなんかもまとめで見ていた。この頃は双方向コミュニケーションという方法が非常に新鮮でこれこそが世界を良い方向に変えるのではないかと思っていた。ネットに上がっていう情報も全ては鵜呑みにはできないが、少なくとも当時のテレビなんかよりも相対的にまともだったと思う。恐らく早々に旧来のマスメディアに嫌気がさした人たちが逃げてきた先になっていたのではないか。

様相が変わってきたのが、2000年代中盤以降で多分テレビの実況なんかが盛んになってきた時期ではなないかと思う。この頃から極端に偏った意見、感情的な意見がネット上に目立つようになった。恐らくネットが本当の意味で普及して、書き込む人に偏りがなくなったからあろう。明らかに年齢層が上の人(こっちの方が匿名でも見破りやすい)、下の人、業者なんかが参加し始めているのがわかった。変は話ではあるが、書き込む人読む人が偏っていた時期の方が明らかに冷静で面白い意見交換が交わされていた。今考えるとこの時期にネットがマスに飲み込まれていったのであろう。

そうゆうことがあり、2007年ごろから次第にネットから距離を置き、2chまとめサイトなどはほぼ見なくなった。一時期twitterが面白いかと思って(確か2009年ごろだったと思う)、やっていた時期があったがすぐに飽きた。最近twitterは好きな格闘ゲームプレイヤーの情報を得るためにちょこちょこ見るくらいの感じだ。

次にネット上の様相が変わってきたなと思ったのが、2011~2012年頃だ。どう変わったかというと、何を検索しても何かが引っかかるようになったのだ。しかもだいたい日本語で。良い変化のようにも思えるが、引っかかってきたものがだいたいゴミなのである。ゴミとは中身のない記事か、宣伝だ。増えてきたなとは思っていたが、気づいた時にはネット上はゴミだらけになっていた。

このページ http://www.slideshare.net/ryutarosudaDFE/digital-universe-project

のスライド4をみて欲しいのだけれど、2012年から2年ごとにデジタルの総データ量(Digital universe)が年々2倍に増えると予想されている(2014年の統計では実際に増えている。また2013年~2020年の間に10倍との試算もある)のだ。

idc-digital-universe-2014-and-internet-of-things-business-opportunities-6-638

この急増の原因はテキスト→写真→動画にデータの主流が写っていることや、lot機器による自動データなどが大きな要因だ。

しかし、それだけではなく恐らく俺が考えるにあと2つの要因がある。

1.単純に一般ユーザによる情報の投稿が増えている。特に新興国。

ここにもあるように情報の投稿の2/3はユーザにある。

https://japan.emc.com/about/news/press/japan/2014/20140410-1.htm

2.情報が情報を作り出している。もう一つの原因がこれだ。

ある情報Aがあるとする。これを少し書き換えてA’, A’’…を作る。

さらに別の情報Bを加えてABとする。この情報もブレンド具合などでAB’やA’’Bなどを作る。

さらにこれをまとめて、キュレーションサイト作る。AUA’UBUA””BU…

もうお気づきだと思うがこれはまさにWELQを始めとしたDeNAがやっていたことだ。

これ自体に違法性があるかというと違法性はないと思う。この中に嘘が混じっていたると話が若干ややこしくなるが、嘘情報を流しているのは旧来のメディアもやっていたことなのでそれ以上の責任はないのではないか。

ただ、新しい問題として上記のネットのゴミ問題に関与しているのではないかということだ。

皆が気付いていることだが、アクセス数をbaseにして情報をソーティングした場合それを掻い潜る方法をあるのだ。それどころかそれをSEOとしてもうすでに大きな商売になっている。

結果、以前は有益な情報≒アクセスしやすいであったが、それが大きく崩れてきているのだ。これが問題の本質であるように思える。

間違いなく、上記のDeNAのメソッドを多くの会社、個人が行なっていて、それが「何を検索しても何かが引っかかるけれど、引っかかってきたものがだいたいゴミ」に繋がっているのだ。

そして、今回の一件においてこの情報が情報を作る流れが止まるかというとそんかことは絶対にない。同じような問題が何度も明るみに出て、その度に少し騒がれるだろうが。なぜなら、問題の根底には PVを稼ぐ≒お金の図式があるからだ。これが変わらない限りゴミは永遠に増え続けるだろう。

正直こんな状況になるとは2000年代半ばには予想だにできていなかった。これからもネット上のゴミは増え続ける。そしてネットはどんどん不便になるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です