The End of our Journey 〜Lily cameraはなぜ失敗したのか〜

  • by

The Adventure Comes to an End

1月12日付でThe Adventure Comes to an Endで始まるメールが俺のmail boxに届いていた。lily cameraが量産を断念したとの知らせだった。ドローンの開発自体は順調に進んでいたが、量産化の段階で資金が尽きてしまったのことが直接の原因だったとのこと。backerだったので、残念ではあったが賢明な判断だったと思う。というのも、今の状況で無理に量産化にこぎつけて一般向けに売れるとはとても思えないからだ。

そもそもlily cameraとは

この動画を見てもらうと良いと思うが(いつ消えるかどうかもわからないのでお早目に)、ドローンではなくフライグカメラと銘打って人を自動的に追尾するカメラとして2015年に登場したものだ。

大きさは26.1×26.1×8.18cm、重さ1.3kgで、当時は自動的に人間を追尾する(要追尾装置)という点と高い防水性というものが売りだった。

俺がbackerになったのはメールを見直してみると2015年の5月だった。当時としては、画期的な商品で俺はプロモーション動画のようにスノボの自撮りやフットサルでの自撮り(まるでテレビ中継のような動画撮影できるのではと期待していた)に使う予定だった。が、この2年で状況は変わってしまい、lily cameraは完全に時代遅れになってしまった。

1.自撮り機能

自撮り昨日はその性能差は機種にもよるが、多くのドローンが標準的に備える機能になったしまった。それも、ソフトウェア的にカメラから画像認識を行うことで、追尾装置なしでも追尾をおこなう。

この動画を見てもらえばわかるが、phantom4とかmavicproとかのアクティブトラックは凄いことになっている。

もう追尾装置を使っての自動追尾による自撮りというのは古いのだ。

throw-drone-inline

2.重さ

この2年間で世界各地でドローンに対する規制が一気に進んだ。2年前まではほとんどの人がドローンの存在を知らなかったのに今では、規制のかかっていないところでドローンを飛ばしても近所のお節介なお祖父さんなんかが方が目ざとく注意をしてくるようになった。そこまで、どローンの認知が(主に悪い方向で)高まったということだろう。個人的には車の方が何百倍も危ないと思うのだけど。

話がずれたが、それによって都内のほとんどの地域では200g以上のドローンは飛行することができなくなっている。また現在ではほとんどのスキー場ではドローン禁止だ。1.3kgもあるlilyはもう飛ばす場所がないのだ。

しかも、DobbyやHover Camera Passportなど200g以下でセルフィー可能なドローンが次々と発表されている。値段もlilyよりも安く、画質に多少目をつぶれば飛ばせる場所も多いこれらのドローンで十分である。

ということで、lilyの現時点での優位性は(達成できていたとするのなら)防水性だけになる。この機能目的に買う人がどれだけいるのか?そう考えるとgive upは賢い選択であったと思う。

当初の予定通りに出ていればまだなんとかなっていたかもしれないが…

開発が遅れた理由は想像でしかないが、障害物回避機能(自動で追尾するなら必要になる)の実装とジンバルを使用しないが故の画質の問題ではなかったと考える。

特に障害物回避機能は、超音波センサ、GPS、ジャイロなどの各種センサのデータから期待の現在の状況の把握と最適なリカバーの実行を行なわなくてはならず、ノウハウの蓄積が必要である。この点でベンチャーには、厳しかったのではないか。ちなみに自動障害物回避機能では、DJIのものは凄まじく、落とす方が難しいレベルだというのをphantom4を使用して実感している。

lily cameraは失敗に終わったが自撮りカメラとしてのdorneは以前有望だろう。ただし、飛ばす場所がなくては話にならないので現行法をすり抜ける200gであることが必須だ。

あとは、編隊を組んで重めのカメラを飛ばすかだが、これは編隊をコントロールする技術が必要になってくる。また、複数のドローンを飛ばすのはやはり操作が複雑になるのでセルフィー用として広まるのは時間がかかると思う。

発売にこそ漕ぎ着くことこそがはできなかったがノウハウは溜まっていると思うのでlily roboticsスタッフの今後に期待したい。

と綺麗に締めようと思ったらコレだよ。

http://wired.jp/2017/01/17/san-francisco-sues/

http://forbesjapan.com/articles/detail/14891

史上最高額のドローン詐欺とはワロた。いやーホント怖いっすね。本当に返金されんのかね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です