今年6月に行ったチェルノブイリツアー内でダークツーリズムの行き先としてよく話題にあがっていたのが、アウシュビッツだった。どこかで、行ってみたいなーと思っていたところ、友人が現在ポーランドで働いているという。これはチャンス(なんの?)だと思い、気がついたら航空券を取っていた。一部のあれ?君もう夏休み取ってない?という正論を振り切りポーランドへ飛ぶことにした。

 

何度も成田か羽田を確認した上で、成田へGO。

今回のトランジットはモスクワ。乗り継ぎは2時間の予定だったのだけれど、飛び立つまでに時間がかかったせいで乗り継ぎ40分の超タイトスケジュールに。交渉して列をスキップできたのでなんとか間に合った。

モスクワからワルシャワまではあっという間だった。

ワルシャワでの入国審査は超スムーズ。良い国だ。例のごとく、両替をしてsimカードを買うために携帯ショプを探すがショップがないwマージか。

Informationの人に聞いてその場所に向かうと、どうやら普通の売店で買うものらしい。そこでお兄さんに色々教えてもらって(超親切)、なんとか購入。が、ネットが繋がらねー。お兄さんはeverything ok!って言っているし過去につながるまで時間がかかるタイプのsimもあったので、そんなもんかねーと思いホテルに向かうことにする。空港の無料のwifiがあったので助かった(なかったら死んでたw)。

列車でホテルまで向かうことにするも、2種類の券売機があって意味がわからない。片方は普通の駅間のきっぷ。もう片方が時間制のきっぷ。なんか改札とかもないし(後にスイスと同じ抜き打ちテスト方式。インチキしたら罰金のパターンだと理解する)。調べると、時間制のきっぷの方が一般的っぽいので、そちらを買うことに。もう一方は、なんか遠くに行くようだったのかも。

電車でワルシャワ市内におもったよりも静かな感じ。多少歩いてホテルに到着。なんとか、ピエロギとか食べられねーかなと思い、荷物を降ろして歩き回るもそのような施設は皆無。コンビニ(expressという名前ワルシャワ中どこにでもある)が近くにあったので、生春巻きの皮が厚いver?みたいなものを買って、齧って就寝。友人に連絡を取るととても喜んでくれた。会えるのが楽しみ。