朝になっても、やはりiphonの3G, 4Gはネットに繋がらず。 APNかねーと思い、いじるもダメ。仕方ないので、朝一で地元民に大人気との噂のコペルニクス科学センターに行き、そこで時間をつぶした後にワルシャワ中央駅地下にあるというorange(ポーランドの携帯会社)のショップに行く方針に。9時にコペルニクス科学センターに行くと、来場者が多すぎて入場規制がかかっており、時間制の切符となっているよう。ので12時~12時40分の間に来いと言われる。切符を買って、予定変更し先にワルシャワ中央駅へ。土地勘を養おうと思い、歩いて向かう。緑が多く、天気も良いのでとても気持ちが良い。

ワルシャワ中央駅の付近は普通の都会といった感じ。地下と思わしき場所でorangeのショップを探すが見つからず。実は俺ががワルシャワ中央駅だと思っていたのは、メトロのワルシャワ中央駅で、長距離列車のワルシャワ中央駅は離れた場所にあったのだ(最初はバスターミナルかと思っていた)。長距離列車のワルシャワ中央駅の近くのショピンモール内にorangeのショップを見つける。相談すると、やはりAPN設定だった!ちゃんと公開しとけよって感じ(ポーランド語で公開してるのかも、俺が見つけたのは英語のページだったので)。今後のためにAPN設定のパスワードメモらせてと頼むが、却下されたw多分pppだと思う。

ついでに両替を行う。10000円が323PLNだった。空港だと確か270PLNとかだったので空港のぼったくり感が凄いw今までで一番かも。帰り道で、観光客向けのポーランド料理を食べる。ピエロギとジュレックというライ麦のスープ。お味はそこそこ。

コペルニクス科学センターへ。中に入ると巨大な振り子がお出迎え。これが、コペルニクスが自転を証明した振り子の巨大なイミテーションっぽい。

やや分野に偏りがあるが(流体系の展示が多かった印象。多分作った中の人の専門がそっち。)中はとても楽しい。teamlab borderlessのインスタ映はしないけど、アクティブに楽しめるverって感じ。2階にはもう少し発展的なことをする、labとかもあった。見えてえている色が実は人によって違うよーという展示がお気にいり。逆に気づかないだけで身の回りには微生物がたくさんいるんやでという展示はおっ、おうってなったw顕微鏡覗いてるだけだしねー

コペルニクス科学センターを出たあと、美術館の様な本屋さんを経由して、ワルシャワ歴史地区へ。ここは、ドイツ軍に徹底的に破壊された街をポーランド人が意地で壁の傷まで再現して復興したもの。素材もなるべく、破壊されたものから使用したとのこと。完全に観光地化されているけれど、見ごたえは十分。

途中でなぞのパンを購入。外側にチョコレートが塗ってあるもの。そのパンはあまりに大きく、甘く、カロリーが高すぎた。それはまさに炭水化物の塊であった(危険!)。危険な食べ物が美味しくて、全部食べてしまったので中和するためにカフェでお茶を頼む。挑戦してwinter teaといものを頼んだのだけれどコレが、中にりんごやオレンジが大量に入ったシェイクのようなお茶だった!普段なら喜んで飲むのだけれど、危険物を取得後の俺にはあまりに重いwしかたないので中身だけ飲むことに。

そこでポーランド人ショパンが好きすぎる問題について気づく。ポーランド(もしかしたらワルシャワだけかも)のショパン推しは凄まじいものがあり、あちらこちらでショパンのコンサートをやっている。空港の名前もショパン空港だしwウクライナのタラス・シェフチェンコみたいなものなのかねー

ホテルへの帰り道で自販機を見かけたので念のために、24時間有効の切符を買うことにした。多少手間取っていると、お兄さんが丁寧に教えてくれた。ポーランド人は基本皆親切。あと、美男美女率がすげー高い。

ホテルで休んで、名物のカツレツでも食べにいこうかと思ってたが、ダラダラしているうちにカツレツのお店が閉店時間に(20時と早い!)しかたないので、一部で噂の創作うどんの店ukiukiに行くことにした。ukiukiはとてもおしゃれな店。おすすめは創作うどんとのことだったので、坦々うどんとサラダを注文。ちゃんと腰のあるうどんだった。美味しい。

ホテルに帰り就寝。