J CARGO DENIM SHORT -GAP-

  • by

記念すべき第1回に誰も望んでいないし、reviewされたこともないし今後もされないであろう品を持ってくるのがとても俺らしいと思う。いきなり先行きが不安である。このデニムショートパンツは15年以上前に初めてインドに行く前にGAPのセールで買ったモノである。調べたが恐らく現在は廃盤になっている。当時の価格で2000円しなかったと記憶している。自分にとってはかなり大きなサイズなので、ウエスト周りがブカブカで無理やりベルトで締めて使っている。

このデニムはの特徴の一つは収容能力である。ポケットが6箇所ついていて、それぞれがかなり大きいので一泊位なら手ぶらで余裕でいける。teatoraも真っ青の圧倒的収容能力。特に海外旅行だと手ぶらでいこうとしても、何かとモノが増えるのでとても助かる。旅行の際には、左右の大腿部にあるポケットに一眼のレンズを入れていることが多い。これがあれば、カメラバックはいらない。

圧倒的な収容能力と頑丈さ。間違いなく俺の生涯買った服でコスパが良かったのはコイツ。

もう一つの特徴は圧倒的な頑丈さだ。みてお分かりの通り、このデニムはかなりボロボロである。が、15年間ハーフパンツが必要な場所には国内外問わずほぼ持って行ったことを考えると驚異的な頑丈さである。修理も何もしていない。恐らく相当頑丈なデニムで作られていたのだろう。5年以上使っているデニムは何本か所有していいるし、していたことがあるがここまでハードに使って修理が必要とされなかったものはブランドを問わずなかった(某ハイブランドのデニムとか持っていたこともあるけれど耐久性は酷いものだった。ずーっと修理していた記憶しかない。)。

欠点としては、デニム故に嵩張ること、防水性に欠けることだ。なので、暑いところに行くときはバッグの中身を減らす意味でこのパンツを履いていくことが多い。

ボロっちいのに変わりがない。困った子。

いい加減にボロボロなので、何度も捨てようと思ったのだけれど、代わりになるものがない(市場に売っていない)ので捨てることができない状態が続いている。今年は、代わりになりうるものを手に入れたので、代わりになるか一夏確かめてみようと思う。

99/100点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です